歳をとっていくタレント 

予言

2013年10月13日 / by non02

今から10年前に、あるミュージシャンが原子力発電反対の歌を歌っていたのを覚えています。その時は何がなんだか分からずに、「こういう考え方の人もいるんだな」程度にしか思っていませんでしたが、今考えたら「予言者」だと思うのです。
彼女は歌いはじめる前に、お客さんに向かって一生懸命説明をしていました。
「これからお話しする内容は事実です。どうか皆さんも一緒に考えてください。今から数年先に東海地震が起きると言われています。日本にはこれまで経験した事がないような大きな地震が来ると分かっているんです。それは多くの地震研究者によって分かっている事なのに、日本はパニックを恐れて公表していないんです。そしてその地震が起きた時に、原子力発電所の土地に地割れが起きて放射能が漏れだす可能性が高いといわれています。一刻も早く対処するために、危険を回避するために原子力発電所の稼働を止める事が必要です。日本における電気は今、余っている状況で民営化されようとしている時代です。それにも関わらず、国は原子力発電所を更に建設しようとしている。もし今戦争になって、この原子力発電所が狙われたら、原爆を落とさなくてもミサイルで原発を狙うだけで大きな被害が出ます。こんなに危険な原発を無理に増やす必要はあるでしょうか?日本が高度経済成長を遂げられたのは電気のおかげです。だからダメとはいいませんが、これ以上必要は無いのではないかと言う事は言いたい。どうかみなさんも真剣に考えてみてください。」
彼女はそう告げて原発反対の歌を歌い始めました。
二十歳すぎくらいの可愛らしいお嬢さんと言った雰囲気の女の子の口からこのような言葉を聞かされるとは思いもしませんでした。だから印象に残っていて。
その時は、国家施設なんだからそんな訳ないでしょ。と半信半疑で聞いていただけでしたが、今となっては彼女の言っていた事が深く胸に突き刺さります。
あの時に、みんな彼女の言葉に耳をかたむけていたら。と思いました。

Comments are closed.